生前葬のメリットデメリット

生前葬のメリットデメリット

生前葬のメリットデメリット 生前葬は生存している間に自分の葬儀を執り行うことを指します。生前葬では参列者に対し、これまでの感謝や思いなどを自分自身で述べることが可能で、さまざまな著名人が行ったことから注目を集めるようになりました。生きているうちに自分が希望する形で、挨拶できる点がメリットと言えるでしょう。式では自分で歌をうたうなどのイベントもあるようです。一般的な葬儀とは異なり、無宗教葬である点が特徴で、宗教にこだわりがない人に向いているとされています。

ただし、デメリットとして費用がかさんでしまうことが挙げられます。実際に亡くなった際には葬儀を執り行う必要があるため、費用の負担が増えてしまうのです。そのため、金銭的に余裕がない場合は遺族に負担がかからないようにする工夫が必要になるでしょう。さらに、親族や友人、知人、仕事の関係者などに再び参列してもらうのかなどの判断も行わなければならない場合があるようです。このように、一般的な葬儀とは異なる点があるため、理解したうえで検討するようにしましょう。

葬儀の形もいろいろ、埋葬方法とそれぞれの相場とは

葬儀の形もいろいろ、埋葬方法とそれぞれの相場とは 家族葬の直葬、葬儀の形が違ってくる中で埋葬方法にもバリエーションが出てきました。葬儀同様、どれを選ぶかで料金も違ってきます。もちろん安さだけを追求するようなものではありませんが、ある程度の相場を知っておくのもおすすめです。

火葬して遺骨を骨壺に収め、それをお墓に納骨してといった一般的な方法の場合は1万5千円から3万円程度となります。更には墓誌に彫刻するお金が3万から5万円、もしもお墓自体がないのであれば土地探しから始まり結構なものです。

お墓の管理をするのが難しいなら納骨堂、他の人に管理してもらわなければならなくなるため50万程度の利用料とは別に管理費が数千円から数万円、ただわざわざ田舎にお盆やお彼岸のたびに帰ってくる手間を考えればよいのかもしれません。

樹木葬は集合型か個別型かで差がありますし、手元供養したいという時にもどういった形で行うかで違ってきます。業者ごとにも金額設定は異なるので希望する方法についていくつかの業者で見積もりを取るべきです。

新着情報

◎2023/8/7

情報を更新しました。
>葬儀においてのし袋は大切!故人への最後のお辞儀
>キリスト教式の葬儀を日本で行う際の問題点について
>宗教宗派にのっとった葬儀を執り行いましょう
>葬儀を行う上で最低限必要な内容やポイント
>葬儀に関する書類手続きのノウハウと注意点

◎2022/10/12

情報を更新しました。

>近年増加傾向にある葬儀がアットホームな家族葬
>葬儀を連想させるとして宮型霊柩車は減少の一途
>葬儀でペット用を利用する際はプラン内容をしっかり選ぶ
>時代の流れに葬儀の人気プランの変化を把握しておく
>葬儀の中の告別式ではどのような点に気をつけるのか

◎2021/9/29

生前葬のメリットデメリット
の情報を更新しました。

◎2021/7/29

負担はプランの費用だけではない
の情報を更新しました。

◎2021/7/15

サイト公開しました